• ホーム
  • アルコールを飲みすぎた時のつらい吐き気

アルコールを飲みすぎた時のつらい吐き気

アルコールを飲みすぎた時に起こる症状に吐き気があります。
この吐き気はどうして起こるかというと、まずアルコールの利尿作用による脱水が原因としてあげられます。
利尿作用により、血液中の電解質も同時に排出されてしまい、電解質のバランスが狂ってしまい、血液中の水分量をいつもどおりに保てなくなってしまいます。
その機能低下により吐き気が起こります。
アルコールを飲む時には、アルコール以外の水分を十分にとることが大切だと言われるのは、このためです。

またアセトアルデヒドによる吐き気もあります。
アルコールを肝臓で分解する時には、アセトアルデヒドという物質が作られます。
アルコールの量が少量であれば、アルコールの分解も早く進み、アセトアルデヒドは分解されて体外に排出されます。
しかし、飲みすぎでアルコールの量が多いと、肝臓での分解が追いつかず、アセトアルデヒドが長い時間体内に居続けてしまいます。
アセトアルデヒドは毒性が強い物質なので、アセトアルデヒドが体内に長くとどまることで吐き気をもよおしてしまいます。
アルコールが少量ならばアセトアルデヒドの心配はそこまでいりませんが、飲みすぎの時にはアセトアルデヒドが吐き気の原因になります。

さらに肝臓は糖の貯蔵や供給も行っています。
肝臓がアルコールの分解で忙しくなりすぎると、糖の供給が十分に行えなくなってしまいます。
その結果低血糖状態になり、吐き気がでることがあります。

吐き気の原因は?

吐き気の原因は、消化器である胃の調子が悪くなることも関係しています。
アルコールは他の食物よりも刺激が強いため、アルコールが胃に入った時には、胃が過剰に胃酸を出すことになります。
そして胃酸過多の状態になることで、ムカムカとした吐き気を起こしてしまうのです。
空腹の状態でアルコールを飲むと身体に悪いと言われるのは、アルコールが消化器に強い刺激を与えるからです。
そのため、アルコールを摂取する時には、必ず何かを食べながらお酒を飲むことがすすめられています。

二日酔いは原因によって改善法が異なる

二日酔いになってしまった場合にはどのような改善法があるのでしょう。
改善法は、原因によって異なってきます。
アセトアルデヒドの分解を早めるためには、肝機能を高めるオルニチンが有効です。

オルニチンが豊富に含まれているのがしじみです。
しじみの出汁がでて、しじみの身も食べられるお味噌汁がおすすめです。
お味噌汁を飲むことで水分補給にもなるので、脱水状態の改善にもなります。
また味噌にはミネラルが豊富なので、電解質の補正にも役立ちます。

最近オレンジ果汁にはアルコールの分解を促す作用があることがわかってきました。
ということは、飲みすぎて、肝臓でのアルコール分解が間に合っていない時に、オレンジジュースを飲むことでアルコールの分解を促進できるということです。
二日酔いの原因が分解が間に合っていないことであれば、オレンジジュースを飲めば、二日酔いが早くなおる可能性があるということです。
また、オレンジジュースを飲むことで、糖分が補給され低血糖状態の改善に役立ちます。
低血糖が原因の吐き気には効果的でしょう。

アルコールには血管を拡張させる働きがあり、その作用で頭痛が起こることがあります。
二日酔いで頭痛がでるというのは、そのためです。
お酒にはアデノシンという物質が含まれており、それが頭痛の原因になることがあります。
そういった血管が拡張していることによる二日酔いの症状には、コーヒーがよく効きます。
コーヒーには血管を収縮させる作用があるからです。

胃の状態が悪いことで吐き気が出ている場合には、牛乳がおすすめです。
牛乳には胃の粘膜を保護する働きがあるので、胃の状態を整えてくれます。
牛乳をゆっくりと飲むことで胃のムカムカ感が軽くなると思います。