• ホーム
  • ストレスで胃痛で吐き気がすることもある

ストレスで胃痛で吐き気がすることもある

お腹が痛い女性

ストレスが起こる原因には、仕事の量や人間関係、睡眠不足などいろいろあります。
ストレスを抱えると、身体的、精神的、その両面に不調をきたすことがあります。
ストレスで胃痛が起こることはよくありますが、軽く考えていると症状がひどくなり、病気に発展することがあります。
ストレスで胃が痛くなるのは、自律神経が関係しています。
ストレスがあると胃の血流が悪くなり、胃の働きが悪くなって胃痛を起こすのですが、自律神経が乱れると胃酸の分泌が過剰になり、胃の粘膜を傷つけてしまうからです。
緊張すると胃がぎゅっと痛んだり、胃がムカムカしたり、吐き気が生じる、消化不良やゲップが頻繁になるといった胃痛は自律神経が乱れることによって起こります。

例えばストレスが引き起こす疾患として、急性胃炎があります。
胃痛の他に吐き気や下痢を伴うこともあり、ひどい時には嘔吐や吐血、下血を起こす場合もあります。
慢性胃炎の場合も同様で、胃もたれや胃痛の他、吐き気や胸やけ、膨満感が慢性的に繰り返されます。
また、ストレスがあると自律神経がバランスを崩し、胃酸が過剰に分泌されると神経性胃炎が起こります。
気分がふさいだり、のどがつかえる、胸やけがするといった症状になります。
神経性胃炎を放置しておくと、慢性胃炎などになることもあるので注意が必要です。

できるだけストレスをなくす生活習慣を心掛けましょう。
アロマを使用したり、ハーブティーを飲む、しっかり眠るようにしましょう。
体も心もリラックス状態にしてストレスを軽減させることが大切です。

仕事に行くと胃が痛くなったり、疲労がたまると胃が痛くなったり、お腹の調子が悪くなる、苦手なことや発表する場のことを考えると胃痛がする、といった症状が出る人は、ストレスからくる胃痛を発症している可能性が高いといえます。
胃痛は、一時的ですぐおさまるものから、長い期間続くものまであります。
長い期間胃痛を抱えていると、他の胃腸の病気を発症することもあるので、早めに病院を受診することがおすすめです。

自律神経を安定させるために効果的な瞑想

ストレスからくる自律神経の乱れを整えるには、身体的なものではなく、精神的疲労や悩みを解消していく必要がありますが、規律神経を安定させるために瞑想が効果的です。

自律神経は、人が意識しなくても自動的に働く神経で、人の考えではコントロールでできませんが、呼吸だけは人の意識によって抑制することができます。
正しい瞑想では、ただ目を瞑るだけではなく、呼吸法と同時に行います。
深い呼吸をするのがポイントです。
瞑想時に行う深い呼吸法は、肺の神経に伝達し、自律神経のうちの副交感神経を活性化します。
副交感神経の活性化が起こると、リラックス状態になるのです。

また、強いストレスを受けると、脳内ではノルアドレナリンという神経伝達物質が分泌されます。
ノルアドレナリンは、自律神経のうち、交感神経と連動しているのですが。
自律神経失調症の人は、ノルアドレナリンが不適切に分泌されていると考えられています。
瞑想をして呼吸法を行うと、脳内でセロトニンという脳内ホルモンが作られて分泌されるのですが、セロトニンは多くの神経伝達物質を適切な量に調整する作用を持っています。
瞑想を続けていくことで、不安や悩みが消え、憂鬱な気分が晴れていく効果が得られます。

その他、瞑想によってセロトニンが分泌されることで脳がリラックスし、不眠の改善が期待できます。
不眠症は、脳や体が緊張や興奮している状態で、興奮を促す神経伝達物質が多量に分泌されているからです。
セロトニンは、精神の安定、眠りに重要な役割を持っているのです。

このように、瞑想によって自律神経を安定させ、精神的な不安や悩み、不眠を改善できる役割が期待できるといえるのです。
ストレスを感じる生活を送っている人は、ぜひおすすめです。