• ホーム
  • ネキシウムで逆流性食道炎の症状を改善

ネキシウムで逆流性食道炎の症状を改善

お腹が痛い人

胸焼けや胃痛、不快感や食欲不振などの症状を引き起こすのが逆流性食道炎です。
逆流性食道炎は簡単に言えば胃酸が食道方向に逆流することで、胃酸により食道を傷つけ炎症を起こします。
食道が傷つくと治るまで時間が掛かりますが、慢性的に胃酸が逆流するといつまで経っても治ることがなく不快な症状が続きます。
このような症状のため逆流性食道炎になると食生活に大きく悪影響を与えるだけでなく健康を害する原因にもなります。

一方で現代においては逆流性食道炎に対して有効な薬が登場しており、服用することで大幅に症状を改善することができます。
このため病院においても逆流性食道炎に対しては投薬によって治療を行います。

その治療に使われる代表的な薬がエソメプラゾールです。
エソメプラゾールはネキシウムという名称で日本では2011年9月15日に販売された国内で4番目のプロトンポンプ阻害薬になります。
逆流性食道炎の症状を起こさせない方法として胃酸の分泌をコントロールすることがポイントで、逆流性食道炎に効果のある薬の多くは胃粘膜の細胞壁に作用して胃酸を必要以上に出させないようにするものです。

ネキシウムを服用することで胃酸分泌が抑制されます。
ネキシウムそのものは胃酸分泌をコントロールするだけで治癒させる効果はありませんが、胃酸によって傷つくことが減るため治りがはやくなります。
また胃酸をコントロールするので逆流性食道炎のほか胃潰瘍などの治療のほか胃の不快症状の改善や、胃の直下にある十二指腸潰瘍などの治療にも使われています。

一方でネキシウムの副作用としては軟便や下痢などがありますが、これらは胃酸抑制剤によく見られる症状です。
また胃の不快感や便秘など消化器系の不調が出る可能性があります。
基本的に短期間の服用がネキシウムを使用するさいの方針ですが、長期間の服用によって副作用として骨が脆くなるといったものも考えられるため、医師の経過観察が重要になってきます。
またまだ新しい薬なので未知の副作用があるため注意する必要があります。

ネキシウムにはジェネリック医薬品もある

ネキシウムの日本国内における薬価は、ネキシウム10mgが96.7円、ネキシウム20mgが168.9円となっています。
しかし、実際には医師の処方箋が必要な処方箋薬なので、薬だけを購入するといったことはできません。
このため診察料と処方箋料が必要で、病院によっては各種検査が必要になります。
また長期間の処方を行わないのが一般的ですから最低でも1ヶ月に1度は診察を受ける必要があります。

一方で逆流性食道炎の治療そのものは健康保険の対象ですから、健康保険を利用すれば医療費の3割負担で治療することができます。
日本では2011年に販売が開始された薬になるので国内で承認されたネキシウムのジェネリック医薬品はありませんが、海外においては一部承認されているジェネリック医薬品があります。
また海外で生産されているネキシウムを購入するという方法もあります。

ネキシウムはパッケージでは1箱28錠で売られていますから、国内での薬価は20mgが168.9円ですので約4800円です。
一方で海外で生産されるネキシウムは1箱あたり約3600円と1000程度安くなり、まとめ買いをすればさらに1箱あたりの金額が下がります。
日本では10mgか20mgの処方が基本ですが、海外で販売されているネキシウムでは40mgも販売されているなど選択肢が豊富です。
一方でネキシウムのジェネリック医薬品では価格が20mgで30錠が1000円ほどで手に入れることができます。

国内の病院で処方を受けるよりも海外から購入する方が薬を安く手に入れることができますし、ジェネリック医薬品であればより費用を抑えてネキシウムと同じ効果のある薬を手に入れることができます。